カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月28日
  • カンボジアニュース

インドの製薬会社がプノンペン特別経済区に工場設立[経済]

news_201711281
(c)Khmer Times

 インドの製薬会社VTSIXグループは、2018年初めにプノンペン特別経済区(PPSEZ)に工場を設立する。クメールタイムズ紙が報じた。

 PPSEZのCEOは、「インド企業の現地市場への参入は、カンボジアの産業生産を多様化に繋がる。今後の医薬品工場は、世界保健機関(WHO)の医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準(GMP)に準拠する」と述べた。

 VTSIXグループは、幅広く飲み薬を製造しており、多額の投資により年間5億ユニットを生産目標にしているという。

 インドとカンボジアの二国間貿易は、インド商工会議所連盟(FICCI)によると、2013年~2014年の間に約1億4500万ドルに達し、2014年と2015年の間に1億6000万ドルに達した。

 インドへの主な輸出品は、履物、ゴム、セメント、塩、様々な果物やナッツ。インドから輸入品は、医薬品、綿、繊維、皮革、車両、プラスチック等である。

関連記事
経済
カンボジア ユーラシア経済連合との自由貿易協定に向け協議[経済]
(08日)
経済
インド カンボジアに医大と病院建設へ[経済]
(02日)
経済
インドとCLMV諸国 経済協力関係を強化 カンボジア[経済]
(05月23日)
経済
カンボジアの米国への輸出 第1四半期に25%増[経済]
(05月20日)
経済
カンボジア商工会議所 2019年までに初の海外オフィス開設へ[経済]
(05月06日)
経済
カンボジア商工会議所 輸出促進のため、バーコードシステムの利用促進を目指す[経済]
(05月04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース