カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月24日
  • カンボジアニュース

レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]

 世界最大のレンタルオフィス会社のリージャス・グループは21日、プノンペンに2店舗目となるビジネスセンターを開設した。プノンペンポスト紙が報じた。

 リージャスは、プノンペンのダイヤモンドアイランドにある高級コンドミニアム、カーサメリディアンにおいて、191席のワークステーション、共同作業スペース、また1時間ごとに予約可能なバーチャルオフィスを提供する。

 リージャスカンボジアのカントリーマネージャーは、「特にカンボジアのスタートアップ企業は、手頃な価格のオフィスの不足や資金不足などの課題に直面している。いつでもどこでも働きたい場所で働くことができる機会を提供することで、企業は世界とよりグローバルなつながりを得られるだろう」と話した。

 同氏によると、スタートアップの企業の場合、レンタル可能なワークステーションの料金は1か月で1人あたり79ドル、また2人以上のオフィススペースは1か月あたり479ドルから提供するという。

関連記事
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]
(06月14日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(06月10日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース