カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月16日
  • カンボジアニュース

MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]

news_201711162
(c)Phnom Penh Post

 経済財務省は、海外からの融資資金の利子の源泉徴収税を14%から10%に引き下げることで、マイクロファイナンス(MFI)の税負担を軽減することを決定した。プノンペンポスト紙が報じた。
10月27日に財務大臣によって署名され、2018年末まで継続する予定だという。

 カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)の事務局長は、「今回の政策によって削減された費用を、顧客に還元する必要がある」と述べた。同氏によると、上位7社のMFIの総負債額は、昨年の時点で13億3000万ドルに達しており、このうち、10億9000万ドルは海外からの融資だという。

関連記事
経済
カンボジアの中小企業数 免税措置により登録数が増加[経済]
(11月25日)
政治
フランス政府 EUが9670ドルの融資 カンボジア[政治]
(11月22日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(11月16日)
経済
マニュライフ生命保険 6支店目 シアヌークビルへ進出 カンボジア[経済]
(11月14日)
経済
著しい成長を続ける保険業界 カンボジア[経済]
(11月14日)
社会
15日までガソリン価格が1$に カンボジア[経済]
(11月03日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース