カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月13日
  • カンボジアニュース

人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]

news_201711131
(c)Khmer Times

 プノンペン北部に位置するトゥールコークエリア(ボンコック地区)は、近年のボンケンコン地区の地価高騰により、魅力的なエリアになっている。クメールタイムズ紙が報じた。

 現地不動産会社キーリアル・エステートのソーン・シアップ氏は、「トゥールコークは多くの特性を備えた素晴らしい住宅街であり、プノンペンで最も人気のあるボンケンコンに次いで優れた住宅街だ」と話す。

 現在、同地域ではゲートウェイやパークウェイ、プノンペン・シティセンターなど、商業施設やコンドミニアムなどが開発中だ。

 ソーン氏によると、トゥールコークの開発はボンケンコン地区が発展してきた過程と類似すると指摘し、「今後数年間のうちに、活況を呈するボンケンコンの鏡像になるだろう」と予想した。

関連記事
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
未分類
プノンペン自治港の巨大商業施設計画  中国企業が開発[経済]
(07月26日)
経済
シアヌークビルの不動産 中国からの投資により急成長を遂げる[経済]
(07月13日)
経済
建設や不動産業からの税収 4年間で3億6600万ドル カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
プノンペン都ダンカオ区の土地価格が急上昇[経済]
(06月14日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
カンボジアフードビジネス 価値創造 Vol.02
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース