カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月9日
  • カンボジアニュース

米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]

news_201711093
(c)Khmer Times

 米国の大部分に店舗をもつ大規模な小売チェーンであるウォルマートのシニア・エグゼクティブ、スコット・プライス氏は、イット・ソムヘーン労働大臣との会合で、「来年、カンボジアからより多くの衣服、靴、カバン製品を購入する」と約束した。クメールタイムズ紙が報じた。

 イット大臣よると、ウォルマートの幹部らはカンボジア製の衣類、履物、カバン製品の品質に満足し、注文を増やしたいと話していたという。また、イット大臣は、「彼らは強制労働がなく、工場には供給能力があることを認識できたことで、カンボジアからの受注を増やすことに決めた」と語った。

 今年上半期の米国への縫製品の輸出は前年比6.9%増の37億ドル。また昨年、米国政府は、一般特恵関税制度の下、カンボジア製のカバン、バックパック、ハンドバッグ、財布など旅行用品の輸出に対して免税を付与している。

 関税当局によると、2016年の縫製品の輸出は、前年度比7.2%増の73億ドルだったという。一方、縫製業労働者の最低賃金は、来年1月から月額170ドルに増加する。

関連記事
労働
未払いの年功手当 一括払いの要求を取り下げるよう要請 カンボジア[労働]
(10日)
社会
ダムコー市場の移転を否定 プノンペン都庁[社会]
(05日)
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
経済
ゴミ収集収業者シントリー社 賃上げに合意 カンボジア[労働]
(12月28日)
経済
米国による食品プロモーション活動 カンボジア[経済]
(12月04日)
労働
マレーシア より多くのカンボジア人労働者を要請[労働]
(12月02日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース