カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年11月3日
  • カンボジアニュース

ドナコ 900台のスロットマシンをポイペトへ設置[経済]

 オーストラリア証券取引所での上場企業であるドナコインターナショナルは先週金曜日に、ポイペトのスターベガスリゾート&クラブに900台以上の新しいスロットマシンを設置するため、マレーシアのアミューズメント機器会社であるRGBインターナショナルと2500万ドルの契約を締結したと発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 ドナコは現在、スターベガスリゾートで1522台のスロットマシンを運営しており、900台の新しいスロットマシンは、予算分配契約に基づいて今後6ヶ月間にわたって設置される予定だという。

関連記事
経済
プノンペン―ポイペト間の鉄道工事 2018年末までに完成へ[経済]
(20日)
日系
豊田通商 SANCOポイペト経済特区にテクノパークを正式発足[日系]
(12月12日)
経済
ナガ2 11月4日までソフトオープン カンボジア[経済]
(11月01日)
経済
シアヌークビル 不動産価値の上昇は続くがバブルの可能性も指摘[経済]
(10月02日)
法律
租税やマネロン監視含むカジノ関連法案 今月中に内閣提出 カンボジア[法律]
(09月13日)
社会
フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性 釈放[社会]
(09月04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース