カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月28日
  • カンボジアニュース

アジア開発銀行 メコン地域にとってCBTAの実施が急務[経済]

 アジア開発銀行(ADB)は、10月25日、「2017年アジア経済統合報告書」(AEIR 2017)を発表した。これによると、メコン地域(GMS)加盟国は、アジア・太平洋地域における貿易・投資の拡大に伴い、多国間協定を通じて貿易合理化をより迅速に進める必要があると指摘している。

 報告書によると、カンボジア、ラオス、ベトナム、タイ、ミャンマー、雲南省を含むGMS地域にとっては、国境を越えた輸送促進協定(CBTA)が欠如しており、2019年までの実施が期待されるとし、また、輸送ネットワーク拡大、観光産業の成長、貿易の地域統合が行われた場合に最大の課題となるGMS CBTAの完全実施について言及しており、輸送の円滑化のために、衛生植物や植物検疫のような分野での貿易支援を加速する必要があると指摘している。

 なお、インフラの脆弱さが同地域の障害として残っている一方、二国間および多国間投資が、2016年末現在で191億ドルという利益に繋がっている。

関連記事
経済
カンボジア・バングラデッシュ 二国間の関係強化へ[経済]
(05日)
経済
韓国 カンボジアから移住労働者増員と農作物輸入の拡大望む[経済]
(05日)
経済
インドの製薬会社がプノンペン特別経済区に工場設立[経済]
(11月28日)
経済
米国への輸出 情勢悪化にも関わらず引き続き好調 カンボジア[経済]
(11月08日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(10月07日)
経済
米国との外交論争は続くも 貿易には影響はないと政府は主張[経済]
(09月17日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース