カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月10日
  • カンボジアニュース

米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]

 米国の衣料品大手リーバイ・ストラウス(通称、リーバイス)は10月5日、シェムリアップ初の路面店をオープンした。

 カンボジア唯一のリーバイスの販売代理店DKSHは、2010年にカンボジア初のリーバイスのアウトレットをオープンし、以降プノンペンで4店舗、シェムリアップで2店舗に拡大している。

 DKSHタイのファッションアパレルの担当責任者は、「カンボジアの小売の見通しは明るい。カンボジア人の間でリーバイスブランドが急速に成長、需要が高まっており、2018年末までに10以上の店舗展開を行う予定だ」と述べた。

 新店舗はブランドとして初めての路面店で、市内中央市場の近くに位置するという。

関連記事
経済
閉鎖をまぬがれた事業者 事業存続のための奮闘 カンボジア[経済]
(04月17日)
社会
セクシーな投稿禁止に対する非難 フン・セン首相が反論[社会]
(03月03日)
社会
販売促進のためにセクシーな投稿をする女性を取締る カンボジア[社会]
(02月18日)
経済
イオンモール3号店の投資プロジェクトが政府に承認される カンボジア[経済]
(12月27日)
経済
チップモン・ノロモールが都内中心部にオープン カンボジア[経済]
(12月20日)
経済
シアヌークビルに2つのショッピングモールが年内オープン[経済]
(11月01日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
最大の目標は、世界におけるカンボジアのプレゼンスを上げること[観光・飲食]温井 和佳奈(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース