カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月10日
  • カンボジアニュース

米系大手デニムブランドの大型路面店 シェムリアップにオープン[経済]

 米国の衣料品大手リーバイ・ストラウス(通称、リーバイス)は10月5日、シェムリアップ初の路面店をオープンした。

 カンボジア唯一のリーバイスの販売代理店DKSHは、2010年にカンボジア初のリーバイスのアウトレットをオープンし、以降プノンペンで4店舗、シェムリアップで2店舗に拡大している。

 DKSHタイのファッションアパレルの担当責任者は、「カンボジアの小売の見通しは明るい。カンボジア人の間でリーバイスブランドが急速に成長、需要が高まっており、2018年末までに10以上の店舗展開を行う予定だ」と述べた。

 新店舗はブランドとして初めての路面店で、市内中央市場の近くに位置するという。

関連記事
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(14日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
経済
カンボジアでのVISAカードによる取引総額 前年度比30%増[経済]
(06月26日)
経済
イオンモール カンボジアで2号店目 待望のグランドオープン[経済]
(06月21日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(06月10日)
経済
シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]
(03月23日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
業界
カンボジア人が誇りを持てる場所を作りたい[観光・飲食]温井 和佳奈(1/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース