カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年10月9日
  • カンボジアニュース

郵政公社のカンボジアポスト 民間部門と提携し電子商取引の会社を設立[経済]

 郵政公社のカンボジアポストは、地方市場向けの大規模電子商取引プラットフォームの立ち上げ及び管理を行う新会社を2018年初めまでに設立するため、民間部門と提携した。プノンペンポスト紙が報じた。

 新会社は、カンボジアポスト・イーソリューション(Cambodia Post eSolution Co Ltd)という名称で、インターネットバンキングとオンライン宅配便サービスを含めた電子商取引のプラットフォームを開発する。同プラットフォームはまた、税金など公的機関への支払いを容易にすることも期待される。

 カンボジアポストのオーク・ボラ事務局長によると、150万ドルの初期投資で設立された同会社の株式は、カンボジアポストは10%、中国企業が50%、地元企業が40%を所有しているといい、「新しい電子商取引会社はカンボジアにおけるオンライン取引の急速な拡大を利用して、収益源を多様化する方法として構想された。このぷらっとトフォームは、約5000の地元企業に対し、潜在顧客に製品やサービスを宣伝するスペースを提供する」と語った。

 カンボジアポストの総収益は、2017年の上半期に420万ドルに達し、前年同時期より64%増加している。

関連記事
経済
イージーコム、低コストの電子化データ管理ソリューションを提供 カンボジア[経済]
(09月15日)
経済
カンボジアポストが営業を再開[経済]
(08月05日)
経済
オンライン取引において、税務登録制度の義務化[経済]
(03月17日)
経済
主要モバイル決済サービスのパイペイ、競合スマートルイと統合[経済]
(01月14日)
経済
豪州企業、カンボジアで中古車販売サイトを開設[経済]
(05月09日)
経済
高度技術のスタートアップに年間500万ドルの基金創設 カンボジア[経済]
(03月27日)
あわせて読みたい
業界
ISP業者にとって5Gは脅威というよりはお世辞 [IT・通信]ソク・チャンダ
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース