カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年9月25日
  • カンボジアニュース

韓国・富栄(ブヨン )プロジェクト 最終的に建設開始[経済]

news_201709251
(c)Khmer Times

 プノンペンの中心に11億ドルの不動産開発投資をしていた富栄(Booyoung=ブヨン)グループは、2013年にプロジェクトが発表されてから開発が遅延していたが、終的に建設を開始することとなった。2018年の総選挙の後にユニットの販売を開始する。クメールタイムズ紙が報じた。

 2013年5月に敷地内で式典を行い、プノンペン都センソック区に40のアパートメント、7つの住宅及び商業施設を含むBooyoung Town(ブヨンタウン)の開発を計画していた。プロジェクトには約1万7769世帯が収容できる。

 同社によると、大規模な住宅および商業施設は、韓国の本社での決定に応じて、段階的に進められ、プロジェクトの第1段階が2019年までに完了するという。

 第1段階では、地下室や駐車場を除く23階建ての4棟のマンション、4万7000平方メートルの3階建てショッピングモールを開発する。ショッピングモールには、病院や学校なども入居する予定だ。

 国土整備・都市化・建設省の報告書によると、2000年以降、3万7637件、約326.2億ドルのプロジェクトに建設許可証を発行しており、2017年の上半期の建設投資額が49億4000万ドルに達し、前年同期比で27.44%増となった。

関連記事
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(16日)
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(04日)
社会
すべての建物に身体障害者の対応を要求 カンボジア建設省[社会]
(12月28日)
経済
2018年の建設プロジェクト数は19%減少 カンボジア建設省[経済]
(12月26日)
経済
首相 プレア・シアヌーク州知事、各大臣へ評判の回復を要求 カンボジア[経済]
(12月19日)
経済
初の果物加工工場が12月に開設 カンボジア[経済]
(11月18日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
会社規模でいうと、現在でもカンボジアでトップ10ですが、売上はその中でも1位ですね [建設・内装]  エン・スロン(1/2)
業界
カンボジアで建設をする際は安請け合いを鵜吞みにしない[建設・内装] 大嶋信
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース