カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年9月10日
  • カンボジアニュース

地域総合経済パートナーシップ(RCEP) 批准にはまだ遠い道のり[経済]

news_201709103
(c)Khmer Times

 アジア開発銀行(ADB)の上級エコノミストは、地域総合経済パートナーシップ(RCEP)について、「16か国における利益相反のため、年末までに取決めが完了する可能性は低い」と語った。クメールタイムズ紙が報じた。

 RCEPは世界のGDPの3分の1、約35億人をカバーする予定で、ASEAN10カ国と中国、日本、インド、韓国、豪州、ニュージーランドの6か国が自由貿易協定に同意すると発表している。

 ADB貿易・地域協力庁のリード・エコノミストは、「サービスや投資、知的財産、電子商取引などの分野は、妥協するしかない。RCEPは、16カ国が透明性、標準化、調和化に関する改革を推進する良い機会になる。RCEPは巨大な市場を作り出すため、カンボジアはそれを活用する準備が必要だ。投資環境をより良くするため、労働者の技能水準を向上させ、法支配の改善および汚職撤廃、赤字削減を図る重要課題に取り組むべきだ」と述べた。

 商業省の広報官は、「RCEPの遅れは、各国が自国に有益な条件になるよう交渉したためだ。カンボジアは世界貿易機関(WTO)加盟国として、ASEAN諸国と比べほぼ全業種の自由化にコミットしている」と述べた。

 ASEAN諸国は今年3月にマニラで、今後15年間に渡り5000~6000種類の製品の関税の90%を削減することに合意している。

関連記事
経済
カンボジア産バナナの海外輸出が増加[経済]
(07日)
政治
カンボジア軍の大量昇進 政治との関連は否定[政治]
(05日)
政治
救国党議員の外交旅券を廃止 カンボジア外務省[政治]
(04日)
社会
交通事故による死亡者数 昨年より増加 カンボジア[社会]
(04日)
経済
電力開発の推進と待たれる電力の固定価格買い取り制度[経済]
(04日)
経済
チア建設相 建設業界にクメール建築様式を取り入れるように呼び掛け[経済]
(04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース