カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月31日
  • カンボジアニュース

カンボジア 国境を越えたペーパーレス貿易に関する合意に調印[経済]

news_201708312
(c)Khmer Times

カンボジア政府は、今月29日、アジア太平洋地域のデジタル貿易の強化を狙いとした、同地域における国境を越えたペーパーレス貿易に関する枠組み合意に調印した。クメールタイムズ紙が報じた。

 商業省の広報官は、合意に批准すれば国際連合のアジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)のメンバーである国々との貿易において、カンボジアは多くの利益を得ると発言。

 「ハードコピー無しに諸外国との貿易にデジタル化をもたらし、運営コストの節約、承認と調整にかかる時間の短縮が可能だ」と語った。

 UNESCAPによると、条約は各国が協定を批准してから90日後に効力を発するという。

 カンボジアは合意を批准する前に、省庁と政府機関にデジタルインフラを整備し、人的資源と法的枠組みを構築すると同氏は述べた。

 UNESCAPの調査によると、アジア太平洋地域の輸出利益は、国境を越えたペーパーレス貿易を全面的に実行することで、年間2500億ドルに達すると推定される。部分的な実施でさえ、年間360億ドルの輸出増加をもたらし、輸出に要する時間を最大44%、コストを最大31%削減することができるという。

関連記事
経済
カンボジア 欧米の特恵関税制度の取り消しの影響に対応[経済]
(14日)
経済
中国やベトナムとの二重課税協定が1月1日より開始 カンボジア[経済]
(03日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
カンボジアのゴム輸出価格 減少続く[経済]
(12月11日)
経済
タイとの貿易額が70億ドルを突破 カンボジア[経済]
(12月06日)
経済
ゴム輸出量24パーセント増加も価格は落ち込み カンボジア[経済]
(11月28日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース