カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月27日
  • カンボジアニュース

不動産クリード プノンペン郊外で住宅販売開始[経済]

news_201708272
(c)Khmer Times

 日本の不動産会社、クリード・グループは、アラタ・ガーデン・レジデンスプロジェクトの正式販売を開始した。クメールタイムズ紙が報じた。

 8月20日に販売が開始されたこのプロジェクトでは、総面積12.6ヘクタールの土地に、502棟の住宅、A&Bショップ、A&Bリンクハウス、ツインヴィラ、ジャックヴィラ、クイーンヴィラ、キングヴィラを併設しているという。

 このプロジェクトは、自然に囲まれた緑豊かなライフスタイルをコンセプトとしており、スイミングプール、子供の遊び場、カフェ、ミニマート、ジム、バドミントンコート、イオンモール2、プノンペン国際空港といった場所への送迎サービスなども提供している。

 不動産会社センチュリー21メコンのチレク・ソクニムCEOは、住宅市場が依然として成長を見せている理由には、金融部門からの支援に加え、新婚夫婦や中所得者層のカンボジア人による需要が増加していることを挙げ、「GDP成長率から、中所得者層の増加に伴い住宅需要が増加していることが分かり、今後も住宅需要は堅調だろう」との見解を見せた。

関連記事
経済
ボレイやインフラ開発により人気が上昇 チョロイチャンバー区[経済]
(12日)
経済
レンタルオフィス世界最大手リージャス プノンペンに2つ目の拠点を設置[経済]
(11月24日)
経済
人気が高まるトゥールコークエリア 第2のボンケンコンになるか[経済]
(11月13日)
経済
センチュリー21カンボジア 地方にもサービス展開へ[経済]
(11月05日)
経済
シャムリアップ州最大のショッピングモールが建設[経済]
(10月30日)
経済
建設投資額 昨年同時期より22%増加と力強い成長を見せる[経済]
(10月23日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース