カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月22日
  • カンボジアニュース

水道料金のモバイルアプリ決済は進むか スマートルイ[経済]

news_201708221
(c)Khmer Times

 モバイルアプリの「スマートルイ」により水道料金を簡単かつ迅速に支払うことが可能だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 これまで、水道料金はプノンペン水道公社(PPWSA)の本社や支店窓口で現金により支払われていたが、現在は、銀行のATMやオンラインバンキング、モバイル決済など、多くの選択肢が利用可能になっている。しかし、PPWSAによると、依然として支払いのほとんどは現金で行われており、カンボジアがまだ銀行口座の所有率は低いことが原因とされている。

 この課題に取り組むため、大手携帯キャリアのスマートアクシアタはPPWSAと提携。スマートルイモバイルアプリにより、一回の取引において1000リエル($ 0.25)の手数料で水道料金を簡単かつ迅速に支払いできる。

 スマートアクシアタは、2015年にデジタル金融サービスとしてスマートルイの運用を開始した。加入者は、迅速かつ便利、そして安全な方法で、お金の入金、移転、引き出しが可能なうえ、請求書支払い、携帯電話のトップアップ、オンラインでの支払いなどの基本的な金融サービスにもアクセスすることが可能となっている。

関連記事
社会
ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]
(13日)
経済
カンボジア初 オンラインでの保険見積システム開始[経済]
(10日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
経済
ABA銀行 スマートルイとの送金サービスが可能に[経済]
(10月30日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
社会
水祭りに備え 可動性のある携帯電話基地局の配備を要請[社会]
(10月17日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース