カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月17日
  • カンボジアニュース

プノンペン水道公社 売上増も純利益は急減[経済]

 プノンペン証券取引所に上場しているプノンペン水道公社(PPWSA)の第2四半期の総売上額は、前年同期比より15.5%増の1470万ドルだった。

 一方、純利益は79万236ドルで、昨年の約300万ドルから急減した。

関連記事
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(21日)
社会
公共バス内に無料Wi-Fi設置へ プノンペン[社会]
(20日)
経済
上場企業の純利益率は下向き カンボジア証券取引所[経済]
(10日)
経済
チャムカーモーン区の水処理施設拡張工事2019年11月に終了予定[経済]
(06月28日)
未分類
カンボジア証券取引所 アプリの導入で過去最高の取引額を記録[経済]
(06月22日)
経済
シアヌークビル自治港 新ターミナル建設を発表[経済]
(06月16日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース