カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月15日
  • カンボジアニュース

大手教育機関AISの親会社 カンボジア証券取引所に上場を検討[経済]

Print
(c)mjqeducation.edu.kh

 私立の大手教育機関、アメリカン・インターコン・スクール(AIS)の親会社メンリー・J・クアーチ・エデュケーション(Mengly J. Quach Education)は、事業拡大のため今年末までにカンボジア証券取引所(CSX)への上場を狙う。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社の創業者メンリー・クアーチ氏は、「学校は急速に成長しているが、資本は不足している。カンボジアの労働力および競争力強化のため、今後3~5年で、職業訓練や技術、科学、工学、健康に特化した3つの学校を建設する予定だ。少なくとも1校当たり600万〜1000万ドルを調達する必要がある」と述べた。

 CSXの市場運営部門のダイレクターのラムン・ソレイユ氏は、「CSXはの規模は小さく、投資家との信頼を築くにはより多くの参加企業が必要だ。民間企業の上場は、他の企業への刺激になるだろう。メンリー氏の学校は実績があり、上場してもうまくいくはずだ。良い会社が市場に加わると、投資家に利益をもたらす」と同社の動きを歓迎した。

関連記事
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
労働
PPSEZ 労働力向上のため訓練機関と覚書締結[労働]
(11月16日)
社会
ラタナキリ州の少学校 モバイルアプリで読解力の向上を促進[社会]
(11月13日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
日系
日系企業 カンボジア初の高齢者ケア訓練施設を開校予定[日系]
(10月28日)
経済
国連の開発目標達成に 情報技術への投資が不可欠[経済]
(10月27日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
注目
カンボジアのキリロム工科大学が 2018年4月より日本人学生の入学受入れを開始  ~実践の中で英語と世界に通じる最先端IT技術を学ぶ~
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース