カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月14日
  • カンボジアニュース

カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げる 今後は供給過多を懸念[経済]

news_201708142
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアの小売市場は大きな飛躍を遂げている。プノンペンポスト紙が報じた。

 地元の大手不動産会社、ボナリアリティグループの調査によると、2017年上半期におけるプノンペンの小売市場は、規模が異なる31のショッピングエリアがある。 

 グレードAの大型モールは総面積約8万平方メートル、グレードBのモールは約2万4千平方メートルという基準でいうと、1平方メートルあたりの平均賃貸料はグレードAは35~40ドル、グレードBは25~30ドル、グレードCは12~25米ドルと僅かに上昇している結果となった。

 ボナリアリティグループの評価責任者は、イオンモール2やパークソンモールなど、2018年に多数のモールが登場する予定だが、ショッピングモールに対する需要があるものの、市民の購買能力に変動は少ないと予測しており、供給過多を懸念している。

 古いショッピングセンターは現代的な店に追いつくために改装を行っている。ソリアショッピングセンターの責任者は、改装に500万ドルを投じ、今年末にリローンチする計画だ。

関連記事
経済
シアヌークビル不動産賃貸 数年後伸び悩みか カンボジア[経済]
(10月27日)
経済
今後の不動産部門の信用に懸念 カンボジア[経済]
(10月13日)
経済
住宅建築 需要沸騰 カンボジア[経済]
(09月29日)
経済
ワードブリッジが国連機関とパートナーシップを提携 カンボジア[経済]
(08月21日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
経済
小売販売店 選挙運動からの影響受けず営業 カンボジア[経済]
(07月27日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース