カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月8日
  • カンボジアニュース

不動産開発業者 空港・都内間の鉄道開発に期待膨らませる[経済]

news_201708074
(c)Khmer Times

 カンボジアの不動産開発会社は、プノンペン都内とプノンペン空港間の鉄道に関する最近の報道を歓迎している。クメールタイムズ紙が報じた。

 最近の報道によると、2018年に鉄道が完成すれば、プノンペン中心部からプノンペン国際空港にわずか15分で到着が可能になる。スン・チャントール公共事業運輸大臣は、プノンペン空港につながる交通渋滞を軽減し、飛行機への乗り遅れを防ぐことが出来ると説明した。

 ボダイジュ・レジデンスプロジェクトの開発者であるクリードグループのマーケティングダイレクターは、今回の鉄道開発の発表により、現在および今後のボダイジュプロジェクトの投資家は、適切な投資決定を下したという確信をより強く得ることができ、開発者にとっては大きなニュースだと発言した。

 TKロイヤルワンのゼネラルマネージャーも、鉄道は近代都市の重要な象徴だと説明。同氏は、主要な鉄道路線の中心に位置する同社のオーナーとテナントは、新しいライフスタイルの利便性の享受や将来の不動産価値の向上といった鉄道の利点を活用することができると述べた。また外国人不動産開発者として、同交通インフラの開発はプノンペンの不動産市場に確信を持てるようになると付け加えた。

関連記事
経済
不動産業界 プノンペンとシアヌークビルを中心に活況を呈す[経済]
(12日)
経済
カンボジア-タイ間の鉄道 年末にも合意か[経済]
(10日)
経済
シェムリアップ・ソットニクム地区に50ヘクタールの新空港建設[経済]
(06日)
経済
シアヌークビル 不動産価値の上昇は続くがバブルの可能性も指摘[経済]
(02日)
経済
中国スカイ鉄道グループ プノンペンにスカイトレイン計画を発表[経済]
(09月29日)
経済
シェムリアップ 来年の総選挙では不動産取引の停滞が懸念される[経済]
(09月20日)
あわせて読みたい
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース