カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月7日
  • カンボジアニュース

泰文隆ツインタワー 建設開始スケジュールが押している[経済]

news_201708071
(c)Khmer Times

 8月早期からプノンペン中心部で計画開始予定であった、133階立て、建設費20億ドルの泰文隆ツインタワー(Thai Boon Rong Twin Towers )のスケジュールが押している。クメールタイムズ紙が報じた。

 このプロジェクトの建築家らによると、包括的な計画はまだ確定されておらないが、資金調達に問題はないとしている。しかし、建設開始時期は明言していない。

 泰文隆ツインタワーは、メコン川沿いのナガワールドカジノの向かい、プノンペンの中心部にある5ヘクタールの土地に建てられる予定で、現地企業のタイ・ブーン・ローン(Thai Boon Roong)などが20億ドル以上の費用で開発する。

 カンボジアの不動産会社のラッキーリアリティのCEOは、「周辺地域の土地価格を引き上げ、海外投資家や観光客から多くの投資家を惹きつけ、変化を見るために役立つだろう」と同氏は語り、「このプロジェクトが本当にプノンペンで起こっても、そこにはリスクはない。なぜならばこのような大きなプロジェクトなら宅地開発業者は投資する前に需要と供給について研究するからだ」と付け加えた。

 ツインタワーには、スーパーマーケット、オフィスビル、5つ星アパートメント、6つ星ホテル、豪華なコンドミニアム、フィットネスサービス、マッサージパーラー、国際的なレストランなどが入る予定である。

関連記事
経済
サタパナ銀行 日系マルハン銀行との合併により大幅に利益回復[経済]
(20日)
経済
カンボジアの経済成長を7%強と予測 アジア開発銀行[経済]
(15日)
経済
カンボジア政府 通信事業者に質の向上を要求[経済]
(14日)
観光
クメール正月 シェムリアップとシアヌークビルのホテルほぼ満室[観光]
(14日)
経済
ベトナム発 コワーキングスペース会社 カンボジアに参入[経済]
(12日)
社会
クラチェ州の農民 内戦時代の手榴弾で負傷​ カンボジア[社会]
(03日)
あわせて読みたい
業界
プロフェッショナリズムが優位性や専門性を示す[不動産]ロス・ウィーブル(2/2)
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
注目
「カンボジア-日本経済交流セミナー&交流会in カンボジアフェスティバル2017」プレゼンテーター募集
注目
WILLONEショールーム 第一次出展企業様入居スタート
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース