カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月6日
  • カンボジアニュース

タイ石油公社(PTT)カンボジアでさらなる拡大へ[経済]

news_20170806
(c)Phnom Penh Post

 タイ石油公社(PTT)の子会社であるPTT(カンボジア)は、カンボジアでの存在を拡大するため、新たにガソリンスタンド、コンビニエンスストア、そしてカフェを開設する計画だという。プノンペンポスト紙が報じた。

 PTTカンボジアの責任者は、「PTTは2000年に初めてカンボジア市場に参入して以来、着実に拡大し、事業を多様化している」と語り、「現在PTTカンボジアは、航空機の燃料補給サービスのための3つの石油貯蔵所、全国35カ所のガソリンスタンド、50店舗のカフェアメィゾン、13店舗のJiffy Martの運営といったカンボジアの人々の拡大する需要に応える展開を行なっている」と話した。

 以前、PTTカンボジアは、2020年までにガソリンスタンドを90カ所に増やし、2021年までに少なくとも120店舗までカフェを拡大する計画を発表している。カフェアメィゾンは、2013年にカンボジアに参入して以来、国内で最も急速に成長しているコーヒーチェーン店の1つとなっている。

関連記事
経済
ベトナムのTPP参加 カンボジア経済に悪影響か[経済]
(17日)
経済
初の社債発行のハッタカクセカー 機関投資家により全ての社債購入される カンボジア[経済]
(16日)
経済
170件の投資プロジェクトを承認 カンボジア[経済]
(16日)
観光
観光客が約12%増加 カンボジア[観光]
(15日)
社会
内務省 身分証明証 更新促す カンボジア[社会]
(13日)
社会
保健省への登録を訴える カンボジア[社会]
(12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
カンボジア人の声 ウエダカフェ  ボー・バンナック
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.2
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.1
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース