カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年8月4日
  • カンボジアニュース

ワールドブリッジグループ 中国企業と公共インフラの共同開発へ[経済]

news_201708043
(c)Khmer Times

 ワールドブリッジ・ランドと中国の神州長城国際工程有限公司(Sino Great Wall International Engineering)は、公共インフラの共同開発に向け、合意に調印した。クメールタイムズ紙が報じた。

 ワールドブリッジグループの会長であり、ワールドブリッジ・ランドのゼネラルダイレクターのシーア・リッティ氏は、神州長城との合意について、「中国政府の一路一帯政策の下、中国の大企業がカンボジアに参入する道を開くだろう。一路一帯政策からの投資の恩恵を受けるには、中国の大企業のパートナーが必要だ」と述べた。

 神州長城とワールドブリッジ間の出資金は60:40の割合だという。

 神州長城の副会長は、ワールドブリッジは国内における評判も良く、カンボジア政府との良好なつながりも持っているとし、ワールドブリッジランドとの合弁事業は成功するとの予想を述べている。今回の公共インフラプロジェクトへの資金面では、約30億ドル見ているという。

 神州長城は深セン証券取引所に上場している中国企業の一つであり、昨年12月、東南アジア最大となる133階建ての泰文隆ツイントレードセンターの契約を獲得している。

関連記事
経済
中国系マイクロファイナンス機関がカンボジア市場に新規参入[経済]
(11月29日)
社会
カンボジア農村 300万ドルの水と衛生プロジェクトを発表[社会]
(10月14日)
経済
カンボジア内務省 中国の援助を受けて政府系テレビ局を開設[経済]
(09月28日)
経済
中国企業 カンボジア政府から天然ゴムの輸入強化へ[経済]
(09月06日)
経済
トゥールコーク区に多文化ホール 伝統や歴史に焦点を当てた不動産プロジェクト[経済]
(09月04日)
経済
中国製スマートフォンMeizu Pro 7 カムフォンから販売開始[経済]
(08月30日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
業界
交通網や電気の問題にも着手していくことが求められる [不動産] ソーン・シアップ
業界
カンボジアで最も大切なのはインフラの開発[運輸・物流]シーア・リッティ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース