カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月30日
  • カンボジアニュース

カンボジア国立銀行 約4億ドル分の米ドル購入[経済]

news_20170730_1
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアの中央銀行である、カンボジア国立銀行(NBC)が現地通貨の価値を安定させるため、今年上半期に総額4億7940万ドルの現金をリエルに転換した。プノンペンポスト紙が報じた。

 7月22日に発表された報告書によると、NBCは2017年上半期に米ドルを65回購入し、平均為替レートは1ドル当たり4040リエル。現地通貨の価値は安定しているものの、流通中のリエルの60%は商業銀行が保有していると指摘した。

 NBCのチア・セレイ総局長は、「リエルの使用は著しく増えており、商業銀行からの強い需要は、現地通貨への信頼を反映している。しかし、米ドルが依然として流通の約83%と最大シェアを占める。安定した為替レートを維持しつつ、インフレの影響を最小限に抑えるためにドルの購入が必要である」と述べた。

 NBCは、2017年後半のリエル需要は、今年上半期と比較して約18%増加すると予測している。農産物の収穫期や納税、稲作によって、3月と11月にリエルの需要が高まるという。

 同報告書によると、今年上半期の米ドルの支払いバランスは、昨年同期の5.7%に比べGDP比6.5%と上昇しており、カンボジアは現在、最大6ヶ月分の輸入をカバーすることができる77億ドルの外貨準備高を有している。

 国家最高経済評議会メイ・カリヤン上級顧問は、「現地通貨の増加は、安定した為替レートの維持とインフレ率を管理可能にし、中央銀行による金融政策のコントロールが容易になる。NBCが昨年末に発表した、商業銀行とマイクロファイナンス機関(MFI)が2019年末までに貸出ポートフォリオの10%をリエルで保有するという判断は、経済における利用をさらに強化する」とNBCの方向性を支持した。

関連記事
経済
MFIへの海外からの融資資金の利子 源泉徴収税を軽減[経済]
(16日)
社会
カンボジア国立銀行 プノンペンに金融の博物館をオープン[社会]
(09日)
経済
越境取引において リエルの使用を促進[経済]
(10月27日)
経済
カンボジア国立銀行 国内の主要銀行を結ぶシステムを開発[経済]
(10月25日)
経済
IMFはカンボジアの成長率の低下を予想[経済]
(10月24日)
経済
リエルでの貸出金利 ドル建てと同等レベルに[経済]
(10月19日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース