カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月11日
  • カンボジアニュース

プノンペン経済特区 2社の株式を取得[経済]

 プノンペン最大の工業団地プノンペン経済特区(PPSEZ)は7月7日、事業拡大のため2つの新会社の株式を取得したと、カンボジア証券取引所(CSX)に提出した。

 同社は、サハスE&Cの60%、サハスアドバイザリー&コンサルティングの39%をそれぞれ1月24日と2月14日に取得。サハスE&Cは建物や道路、鉄道、公共サービスの建設プロジェクトに携わり、サハスアドバイザリー&コンサルティングは税務コンサルを行う企業だ。

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
日系
デンソー プノンペン経済特区に新工場の建設へ[日系]
(07日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
PPSEZ タイ・シンガポール物流会社に1400万株発行[経済]
(12月26日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
労働
PPSEZ 労働力向上のため訓練機関と覚書締結[労働]
(11月16日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(2/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース