カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月9日
  • カンボジアニュース

チップモングループ 高まるセメント需要に対し新たな工場建設[経済]

 カンポット州では、一日5000トンの生産能力を持つセメント工場を2億6000万の費用をかけて年末までに建設する予定だ。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアのコングリマット企業、チップモングループのセメント会社はタイのサイアムシティセメントとの合弁会社だ。この工場では、「キャメルセメント」というブランドでセメントを製造している。

 チップモングループのリアン・メンCEOは、「キャメルセメントが市場では最高の地元ブランドだ」と語った。

 チップモングループは、中国の中信重工機械(CITIC Heavy Industries)と契約を結び、カンポット州の工場建設を昨年から進めている。

 カンボジアのセメント需要は2018年に年間500万トンに達すると予想されている。

関連記事
経済
電力のアクセスを強化する新たな融資 カンボジア[経済]
(01日)
経済
カンボジア最大の建設見本市[経済]
(11月26日)
経済
水祭り参加者 昨年と比べ50パーセント増加 カンボジア[経済]
(11月26日)
経済
高層ビジネスセンターのユニット販売促進に関する覚書 カンボジア[経済]
(11月25日)
経済
セメント生産 新たに2社認可で生産量増加 カンボジア[経済]
(11月23日)
経済
上海投資会社 カンポット州を経済特区計画 カンボジア[経済]
(11月04日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
業界
他社から抜きんでた会社になるためには、『革新』が大事です [建設・内装] エリダ・キムスルン
業界
建設現場でのカンボジアと日本の違いを間近で見てわかったこと[建設・内装] 谷俊二(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース