カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年7月7日
  • カンボジアニュース

市場競争の激化により トゥクトゥクドライバーに暗雲立ち込む[経済]

news_201707072
(c)The Cambodia Daily

 近年のメーター制トゥクトゥクやタクシー配車アプリの登場により、トゥクトゥクドライバーの生活は圧迫されている。カンボジアデイリー紙が報じた。

 あるトゥクトゥクのドライバーの一人は、「生活がより難しくなっている。ここ2日間は、一人も顧客が無かった」と嘆いている。

 「過去には、1日約25ドルを稼ぐ時期もあったが、今では10ドル以上稼ぐのもやっとだ」と、別のトゥクトゥクドライバーも語る。彼は、この変化について、近年のトゥクトゥクの過剰供給やメーター付きトゥクトゥクの登場を指摘した。

 カンボジア最大のトゥクトゥク協会、Independent Democracy of Informal Economy Association (IDEA)の代表は、メーター制トゥクトゥクの急増と、ドライバーの生計能力について懸念を示し、トゥクトゥクドライバーにとって益々厳しくなっていると述べた。また同氏は、メーター制トゥクトゥクが使用する天然ガスはコストを抑えることができ、一般的なトゥクトゥクもメーターを取り付けて対抗すべきと提案した。

 800名近くの登録ドライバーと1日700名近くの搭乗者を持つ配車アプリのEXNETタクシー創設者、ダル―・ホア氏は、「今はトゥクトゥクドライバーのビジネスに影響を及ぼしてはいるものの、トゥクトゥクサービスを開拓し、彼らに仕事を与えることができるように計画している」と述べた。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
経済
今後3年間で公共投資に144億ドルを費やすことを承認 カンボジア[経済]
(02日)
経済
カンボジアの経済成長率、2019年は7.1%と予測[経済]
(07月30日)
観光
タオン・コン観光大臣、ゼロドル観光の企業を非難[観光]
(07月16日)
経済
配車サービスのパスアップ、料金値下げにドライバー抗議 カンボジア[経済]
(07月04日)
社会
トゥクトゥク運転手、無料訓練に参加するも合格者は3割 カンボジア[社会]
(06月21日)
経済
ムーディーズ、カンボジアを一帯一路から最大の恩恵を受ける国に挙げる[経済]
(05月03日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
分かりやすく感情に響くものが有効[マーケティング・メディア]柳内 学
業界
発展するカンボジアで配車サービスを新しい形へ[運輸・物流]イー・ウィー・タン
注目
プノンペンで人気のリンナイ製品 シェムリアップでもその市場を拡大
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース