カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月29日
  • カンボジアニュース

タイ―カンボジア間の鉄道 いまだ完成の目処立たず[経済]

news_201706291
(c)Khmer Times

 2017年初めの営業開始が期待されたカンボジアとタイを結ぶ鉄道サービスの完成の目処が立っていない。クメールタイムズ紙が報じた。

 公共事業運輸省の鉄道局長は、「工事が停滞しており、列車運行開始は不明だ。線路の建設予定地に無許可の建物があり、1300メートルの線路の敷設ができない。線路沿いに住む人々への補償に関しても、妥協の余地がなく、これには長い時間がかかっているようだ」と述べた。

 同鉄道は、2015年後半にフン・セン首相とタイ側のプラユット・チャンオチャ首相によって両国間の合意が得られ、バンテメンチェイ州のポイペト市国境を越え、タイのアランヤプラテート郡へ入る。貿易と旅行の促進を目指しており、プノンペン―バンコクを結び、2020年までに二国間貿易を150億ドルまで引き上げることが期待されている。

 2017年5月、ロイヤル・グループと中国鉄道建設株式会社の子会社である中鉄17局集団有限公司(China Railway 17 Bureau Group)と神州長城国際工程有限公司(Sino Great Wall International Engineering)の2社は、プノンペンからタイ国境までの鉄道改修について契約を結んだ

 ポイペト市とセレイソフォン市(タイ)間の鉄道は、シンガポールと中国の雲南省昆明市間を結ぶ東西経済回廊の一部で、最終的にすべてのASEANを結ぶという。

関連記事
労働
ガソリン価格の上昇 低賃金労働者に大きな影響を与える[労働]
(24日)
日系
日本からバス140台の寄付 6月にプノンペンで利用開始[日系]
(24日)
日系
日本政府 教育奨学金を通じてカンボジアの将来に投資[日系]
(23日)
経済
プノンペン経済特区 第1四半期も収入減[経済]
(22日)
社会
プノンペンの公共フェリー 1か月で1万6000人以上が利用[社会]
(20日)
経済
カンボジアの米国への輸出 第1四半期に25%増[経済]
(20日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース