カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月29日
  • カンボジアニュース

カンボジア ロシアに対する観光サービス・投資誘致へ[経済]

 観光省は、ロシアに対し観光サービスと投資機会の可能性を持ち、カンボジアに観光客や投資を誘致したいと考えている。クメールタイムズ紙が報じた。

 カンボジアに来るロシア人旅行者の数は依然として横ばいではあるものの、世界中を旅する3000万人のロシア人観光客の中から、より大きなシェアを獲得することを目指す。

 在カンボジアロシア大使と観光省のタオン・コン大臣は、ロシアはASEAN地域、そして特にカンボジアに対するヨーロッパ地域の中の主要市場の一つであると語った。

 カンボジアは、両国間の直行便の推進、ロシア人に対する沿岸地域における観光サービスのプロモーション、旅行代理店やコンサルタントのための低コスト旅行の組織化、ロシアの投資家やビジネスマンのためのビジネスマッチフォーラムの組織化という4点について準備中だ。



 プレアシアヌーク州は、シアヌークビル国際空港のターミナルビルや滑走路が拡大しており、ロシア人にとって魅力的な観光地とみなされている。

 ロシアからシアヌークビルへの直行便の可能性について、民間航空庁のSinn Chansereyvutha広報官は、「ロシア側は、カンボジアがシアヌークビル空港でターミナルと滑走路を拡張し、長距離フライトを可能にするように促している」と話している。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース