カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月20日
  • カンボジアニュース

区分所有権付きのオフィスがカンボジアで増加[経済]

news_201706203_mini
(c)The Bridge Commercial

 国際的な不動産会社CBRE の発表によると、カンボジアの2017年第1四半期におけるオフィススペースの占有率及び賃貸料は、前期に比較して安定。今期にはグレードCのオフィス物件が2つ追加され、新たに1万7000平方メートルが供給。全体の供給率は前期比6%上昇となった。

 更に第2四半期には、プノンペンで2番目となるグレードAのオフィスが完成予定で、1万8000平方メートルが追加。新たなオフィス供給を受けて、第1四半期の全体の占有率は安定しているものの前期の75.9%から75.7%に減少。CBREは、前期に比べテナント入居済みのオフィススペースは6000平方メートル増加したと見ている。

 また全グレードの賃貸相場は、前年同期比で0.7%の減少と安定しており、グレードA物件に関しては手数料抜きで1平方メートルあたり28ドルと、安定した賃料相場を見せている。

 また第1四半期は、11の区分所有権付きのオフィスプロジェクトが発表または建設中で、その合計面積は15万平方メートルとなっている。2018年末までに9万平方メートル以上、2019年までにさらに4万平方メートル完成すると見られている。区分所有権付きのオフィスの相場価格は、第1四半期でおよそ1平方メートルあたり3300ドルとなっている。

 2017年は、国内及び海外の開発者らから、ストラタタイトル付きのオフィス物件への関心が続くと、CBREは期待している。

関連記事
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース