カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月17日
  • カンボジアニュース

クラチェ州のコー・トロン・ポメロ 地理的表示取得を目指す[経済]

news_201706171
(c)Khmer Times

 政府はクラチェ州のコー・トロン・ポメロ(Koh Trong pomelo)の地理的表示(GI)取得の可能性を模索している。

 商業省の知的財産権局長は、世界知的所有権機関(WIPO)の関係者は既に同州を訪問して可能性を検討していると述べた。

 同氏は、WIPOの代表はプロジェクトの推進を約束しており、登録作業に資金と専門家の派遣を支援してくれると述べた。

 コー・トロン・ポメロがGIを取得した場合、他の地域の果物はコー・トロン・ポメロの名前を使用して売上を増やすことができなくなり、製品価値は上昇すると同氏は述べている。

 GI製品を登録するには多くの書類があるため2~3年ほどかかり、多額の資金も必要だ。これまではコンポンスプー・パームシュガーとカンポット・ペッパーの2種類だけである。

 同国には約30の潜在的なGI製品がある。EUは現在、カンポット・ソルト、カンポット・ドリアン、バンテイメンチェイ州のプノンスロックシルク、バッタンバン州の香り米の4つを考えている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング