カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月12日
  • カンボジアニュース

プノンペンにASEAN最大の超高層ビル 今年8月から建設予定[経済]

news_201706122
(c)realestate.com.kh

完成すればASEANで最も高いビルとなる泰文隆ツインタワーが、8月1日に建設開始する。リアルエステートドットコムが報じた。

 泰文隆ツインタワーは、泰文隆グループとマカオのSun Kian IPグループが共同出資し、シン・チョン・グループ・ホールディングスが建設。その総費用は約30億ドルと見られている。

 また高さ550m、113階建て、その高さはASEAN最大と見られている。

関連記事
経済
デザイン建築会社ダイレクターが語る昨今の建築業界とは カンボジア[経済]
(02日)
経済
現地大手建設会社 国際会議展示場の建設に1600万ドルを投じる カンボジア[経済]
(02日)
経済
タイ国境沿いのポイペト 4000戸の複合開発プロジェクトが進行中[経済]
(02日)
経済
新空港開発に向けカンダール州・タケオ州の土地売買を一時的に停止[経済]
(03月04日)
経済
2つのリゾート開発プロジェクトを承認 カンボジア開発評議会[経済]
(02月25日)
経済
230メートルの超高層ツインビル起工 カンボジア[経済]
(02月18日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース