カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年6月12日
  • カンボジアニュース

プノンペンにASEAN最大の超高層ビル 今年8月から建設予定[経済]

news_201706122
(c)realestate.com.kh

完成すればASEANで最も高いビルとなる泰文隆ツインタワーが、8月1日に建設開始する。リアルエステートドットコムが報じた。

 泰文隆ツインタワーは、泰文隆グループとマカオのSun Kian IPグループが共同出資し、シン・チョン・グループ・ホールディングスが建設。その総費用は約30億ドルと見られている。

 また高さ550m、113階建て、その高さはASEAN最大と見られている。

関連記事
経済
メコン川下流に第2のコーピッチを開発か カンボジア[経済]
(11日)
経済
コンドミニアムはハイエンドから手頃な価格の物件にトレンドは移行する[経済]
(01月19日)
経済
2018年第4四半期にコンドミニアムが19%増 カンボジア[経済]
(01月16日)
経済
プノンペンの賃貸可能戸数が3倍になると予想[経済]
(01月08日)
労働
建設労働者の最低賃金の設定 待遇改善が期待される カンボジア[労働]
(01月04日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(01月03日)
あわせて読みたい
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
注目
オーキデヴィラ:プノンペンの発展する住宅
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース