カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月28日
  • カンボジアニュース

スマート カンボジア初となる天気予報サービスを開始[経済]

news_201705282
(c)Khmer Times

 これまでの天気予報に関する情報提供のツールから離れ、スマートフォンや携帯電話のSMSやボイスメッセージでリアルタイムの天気予報にアクセスできる。クメールタイムズ紙が報じた。

 大手通信会社のスマートアクシアタは、天気予報で世界をリードしている米系企業のアースネットワーク社と提携して、スマートウェザーと呼ばれるサービスを開始する。

 このサービスは、月額0.15ドル支払えば、10日間先の天気予報も知ることができ、スコールや暴風、雷などの警報をSMSや音声で受け取ることができる。

 スマートアクシアタのCEOであるトーマス・ハント氏は、気候変動などの要因により天気は不安定であることから、正確な天気予報は以前よりも必要性を増していると話す。

関連記事
経済
カンボジアの食品配送会社ミールテンプル、ブータンに進出[経済]
(19日)
経済
小口資金融資アプリ「スピアンローン」 30万ドルの資金調達[経済]
(02月08日)
経済
シンガポール発の配車アプリ「タダ(Tada)」がカンボジアへ新規参入[経済]
(01月31日)
経済
カンボジア人の若い起業家が出前アプリに新規参入[経済]
(01月24日)
経済
スマートアクシアタ GDPの1.5パーセントに貢献 カンボジア [経済]  
(10月22日)
経済
スマートアクシアタ社が新たな奨学金プログラムに調印 カンボジア[経済]
(10月03日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (3/3)
業界
通信インフラ的に、カンボジアはもう後発途上国ではない[通信・IT] トーマス・ハント (2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース