カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月22日
  • カンボジアニュース

プノンペン水道公社 今年第1四半期の利益急増[経済]

 カンボジア証券取引所(CSX)によると、プノンペン水道公社(PPWSA)は2017年第1四半期、好調な収益を計上した。

 未監査だが総売上は1394万ドルで、これは前年同期比で14%増加しており、純利益は前年同期比50%増の281万ドルであった。

 PPWSAは、増加した収益を顧客獲得やカンポット州の建設サービス、スペアパーツと水道メーターの販売に充てる。またPPWSAの総資産は3億2480万ドルに増加した

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
経済
ケップ州産の塩 地理的表示(GI)取得の可能性[経済]
(11月15日)
経済
プノンペン水道公社 浄水場の拡大は株価にも影響か[経済]
(10月31日)
観光
カンポット州の新観光港 2019年開始予定[観光]
(10月15日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース