カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月21日
  • カンボジアニュース

FDI今年も堅実に流入 カンボジア中高所得国になる手助け[経済]

 今年も外国直接投資額も堅調の見込み。プノンペンポスト紙が報じた。

 経済財政省が発行したマクロ経済の見通しによると、2012年から2015年の間にFDI流入額は、年間15億ドルから20億ドルに及んでいる。一方で、カンボジア国立銀行(NBC)は、別で2016年にFDIで19億受け取ったと報告した。

 非政府系シンクタンク・カンボジア平和協力研究所 (CICP) の上級研究員は、「政府の2015年から2025年の産業開発(IDP)と投資環境の改善により、FDIは今年も安定して流入するだろう。多額のFDIの流入により、GDP成長率7%を維持し、多くの雇用を創出し、人々に高収入をもたらす。これは、2026年か2027年にカンボジアが中高所得国になるという目標達成の手助けになる」と述べた。

 NBCによると、中国は511百万ドルと昨年最大の投資国であり、香港、ベトナム、日本もそれに続いている。

関連記事
経済
「経済成長が国民に公平に裨益をもたらした」カンボジア経済財政省[経済]
(11月29日)
経済
ASEAN諸国の銀行、デジタル革新を迫られる[経済]
(11月26日)
政治
シアヌークビルの下水課題に1億7000万ドルを追加割当[政治]
(11月18日)
経済
深センの都市計画研究所、シアヌークビル開発のマスタープラン着手へ[経済]
(11月15日)
経済
保険業界、堅調な成長 カンボジア[経済]
(11月08日)
経済
閣僚会議、2020年国家予算案を承認 前年比22.7%増 カンボジア[経済]
(10月28日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア開発評議会事務局長、ソク・チェンダ大臣が語る「日本人投資家に寄せる期待」
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース