カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年5月12日
  • カンボジアニュース

バンコクライフとAIA カンボジア国内で事業開始[経済]

news_201705121
(c)Phnom Penh Post

 近年急速な拡大を見せているカンボジアの保険市場に5月上旬、新しい生命保険会社バンコクライフ・インシュアランス(カンボジア)と、AIA(カンボジア)生命保険の2社が加わった。カンボジアにはすでに4つの生命保険会社があり、これで計6社となる。

 カンボジア保険協会(IAC)の年次報告書によると、生命保険は2012年に初めてカンボジア市場に参入したが、2016年の保険料は95%増の4300万ドル、これまでの総額は10億ドルと、飛躍的な成長を遂げている。しかし、2016年の新規顧客数はわずか5万1000件で、わずかなままである。

 経済財政省のナゴン・ソカ長官は、バンコクライフの式典で「昨年記録された総保険料1億2000万ドルの31%を生命保険が占めており、業界の成長は信頼の高まりを反映している」と語った。



 エマージング・マーケットコンサルティング(EMC)のシニアコンサルタントは、「隣国と比べても、業界の成長余地は十分にある。保険は長期ビジネスで、利益が出るのに何年もかかることが多いが、企業や投資家たちは市場の可能性に自信を持っている。現在、企業数は少ないが、契約数が増え続けると、長期的な成長が見込まれるだろう。しかし短期的には、カンボジアは人口が少なく、金融商品の認知度が低いため、企業はシェア獲得のため戦う必要がある」と述べている。

 バンコクライフ・インシュアランス(カンボジア)のダイレククターは、「カンボジアは最初の進出国であり、若者が多いカンボジアは企業にとってメリットだ。市場は未熟で、参入に遅すぎたということはない。生命保険は長期的な事業で、成長への計画と戦略が必要だ」と話す。

 競合であるマニュライフ・カンボジアのロバート・エリオットCEOは、「GDPに対する生命保険の市場浸透率は、最大4%というASEAN他国に比べ、カンボジアは約0.2%と非常に低い。生命保険会社の新規参入により多様な製品とサービスを市場にもたらすだろう」と述べた。

関連記事
経済
カンボジア初 オンラインでの保険見積システム開始[経済]
(10日)
経済
AIA保険 カンボジア市場に高い可能性を示唆[経済]
(10月03日)
経済
カンボジアの生命保険業界 急成長で上半期10億ドルの保険料に[経済]
(09月02日)
日系
東京海上日動火災保険 プノンペンに駐在員事務所を設立[日系]
(08月25日)
経済
カンボジア・タイ間で保険の規制強化の契約を締結[経済]
(07月12日)
経済
ビジネスコンサル会社CIM カンボジアで保険代理店ライセンス取得[経済]
(06月21日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの保険業界に、これまで少なかった「代理店」というシステムを[金融・保険] ibs (1/3)
業界
カンボジアの保険業界は外資系企業の参入を予想[保険]マイケル・グリーン
業界
24時間体制で事故現場に駆けつけ、条件や補償で交渉ができる保険会社[保険]マイケル・グリーン
業界
ほかのアジアの国よりも早いペースで成長する[保険]マイケル・グリーン
業界
カンボジア初の生命保険会社マニュライフ、世界中から集めたスタッフ陣で乗り越える[保険]ロバート・J・エリオット
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース