カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月29日
  • カンボジアニュース

アクレダ銀行 電子ウォレット市場に参入[経済]

news_201702231
(c)Phnom Penh Post

 アクレダ銀行は4月25日、顧客が送金や決済が可能とスマートフォンアプリ「トーンチェット」を発表した。

 同行のイン・チャンニーCEOは、内部の開発コストは明らかにしなかったが、インフラ構築のため200万ドルを費やすと述べ、「これからはトーンチェットが財布の役割を引き継ぐため、人々は現金を引き出す必要がなくなる。バイクタクシーのドライバーや路上店の売り子を始めとする、あらゆるクラスのカンボジア人が、このサービスを使って商品やサービスの支払いを行うことができる」と付け加えた。

 同氏によると、トーンチェットには既に1万2000人のユーザーがおり、今後5年間で少なくとも200万人に利用され、10億ドル近くの資金をデジタルで保持する予定だという。

 アクレダ銀行は、2010年にオンラインサービスをローンチしたが、取引にはサービス料が必要だった。トーンチェットにより、顧客は0.25ドルから2500ドルまでの取引を手数料なし行うことができ、最大500ドルの送金が可能になる。

関連記事
経済
主要モバイル決済サービスのパイペイ、競合スマートルイと統合[経済]
(14日)
経済
中小企業銀行が3月に運営予定 カンボジア[経済]
(02日)
経済
韓国系銀行、カンボジア最大手マイクロファイナンス機関を買収[経済]
(12月30日)
経済
PPCBank、カンボジア国内21店舗に拡大しSMEセンターを新設[経済]
(12月27日)
経済
マイクロファイナンス業界3位、プラサックの株式70%売却 カンボジア[経済]
(12月12日)
経済
ASEAN諸国の銀行、デジタル革新を迫られる[経済]
(11月26日)
あわせて読みたい
特集
世界で最も住みたい ネイチャーシティの実現へ
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース