カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月24日
  • カンボジアニュース

シアヌークビル自治港 ブックビルディングとIPOの日程決定[経済]

news_201704244
(c)Phnom Penh Post

 シアヌークビル自治港(SAP)は4月20日、4月25日から6日間のブックビルドを開始し、5月31日に株式公開(IPO)を行うと公式に発表した。

ブックビルドは、1株当たり0.88ドル~1.29ドルの価格帯になる予定で、これによりSAPはカンボジア証券取引所(CSX)に上場する第5の会社となる。

 同社は、新たなドライポート建設に向けた52ヘクタールの土地と、新しいコンテナと重機購入のために、2700万ドルの資金調達を希望し、合計2144万株(同社25%)を浮動株とする。

 SBIロイヤル証券の法人担当責任者は、「同社はカンボジア唯一の深海港であり、他港との接続性が高いため、上場には最高の会社だ。今後、コンテナ輸送量が大幅に増加すると予想され、そのために生産性を高め拡大する必要がある」と話す。

 SAPによると、同社は株式の54%を日本国際協力機構(JICA)に割り当て、一般投資家に25.2%、サブスクリプションに10.8%、残りの10%を従業員の持ち株保有に割り当てる。

 CSXのディレクターは、「ブックビルドが決定したことは朗報だ。SAPは、カンボジアの経済成長に直結する国有企業で、カンボジア経済が成長すればするほど輸入出が増加し、SAPの事業活動が増加する」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアの海運業界の最大の課題はインフラ[経済]
(13日)
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(08月23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(08月20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(08月20日)
経済
カンボジアの食品配送会社ミールテンプル、ブータンに進出[経済]
(08月19日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(08月15日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース