カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月23日
  • カンボジアニュース

全業界での最低賃金の設定の見込み カンボジア労働省[労働]

news_201704231
(c)Khmer Times

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、20日、全労働者の全国最低賃金に関する新しい法律が今年末までに施行されると述べた。クメール・タイムズ紙が伝えた。

 大臣は、「最低賃金に関する評議会が最低賃金などの勧告のための調査を実施する」と述べ、「政府、労働者、雇用主の三者のすべてを代表するものとなる」と付け加えた。

 縫製業と製靴業ではすでに最低賃金が設定されており、従業員は毎月最低153ドルを払われている。

関連記事
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(12日)
労働
1000人のメイド派遣プログラムに基づき 14人が香港へ[労働]
(12月30日)
経済
カンボジア縫製業界 短期雇用契約の削減に向け大臣令承認の見込み[労働]
(12月18日)
労働
イット労働大臣 来年までに全工場に看護師を置くことを呼びかける[労働]
(12月11日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
労働
米国商工会議所 カンボジア労働者のインターンプログラムを設立[労働]
(11月18日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース