カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月23日
  • カンボジアニュース

全業界での最低賃金の設定の見込み カンボジア労働省[労働]

news_201704231
(c)Khmer Times

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣は、20日、全労働者の全国最低賃金に関する新しい法律が今年末までに施行されると述べた。クメール・タイムズ紙が伝えた。

 大臣は、「最低賃金に関する評議会が最低賃金などの勧告のための調査を実施する」と述べ、「政府、労働者、雇用主の三者のすべてを代表するものとなる」と付け加えた。

 縫製業と製靴業ではすでに最低賃金が設定されており、従業員は毎月最低153ドルを払われている。

関連記事
労働
労働省高官「カンボジアのお盆までには最低賃金が決まる」[労働]
(16日)
社会
韓国で働く外国人労働者の中でカンボジア人を最も高く評価[労働]
(11日)
労働
カンボジアの2020年最低賃金、労働組合側は199ドルを要求[労働]
(09日)
労働
カンボジア政府、サウジアラビアへのメイドの派遣は消極的[労働]
(06日)
労働
使用者側代表「2020年最低賃金の引き上げは困難」カンボジア[労働]
(04日)
労働
カンボジア人の労働者の多くは韓国で働くことを望む[労働]
(08月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース