カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月15日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相 新年の挨拶で今後の明るい経済成長について語る[経済]

news_201704155
(c)Khmer Times

 フン・セン首相が新年の挨拶で、カンボジア経済は世界経済が不透明感の中でも立ち上がりが早く、7%の健全なGDP成長の見通しがあると語った。クメールタイムズ紙が報じた。

 挨拶の中で首相は、「世界が景気後退する中、わが国の1人当たりの収入は、2015年1215ドルから2016年1300ドルへと増加した」と述べ、「縫製業や製靴業は依然として経済成長の柱の一つだ。昨年は1500の工場が100万人以上の雇用を創出し、投資家が政府を信頼している証だ」と述べた。

 また、首相は貧しいコメ産業を支援するために、極端な気候現象にも耐えられる新しい品種の開発に向け、官民で協力するよう呼びかけた。

 エネルギー分野については、水力や石炭発電所からの電力は昨年比で約20%増加、電力の輸入は25%減少したことに触れ、「2020年までにすべての村に電力線を設置することを期待している」と付け加えた。

 アジア開発銀行(ADB)によると、カンボデジアの国内総生産(GDP)は、2017年と2018年に7.1%増加し、昨年の7.0%よりわずかに高いと予想されている。

 ADBは、堅調な衣服・履物輸出、建設・不動産活動、政府支出の増加、農業生産の緩やかな回復などにより、今後2年間で引き続き好調な経済が続くとみている。

関連記事
政治
フン・セン首相 トランプ大統領に内政干渉を抗議[政治]
(15日)
経済
衣料品がカンボジアの輸出増加を促進[経済]
(07日)
経済
「中国はカンボジアの最も重要な経済的パートナー」 上海大学シンクタンク[経済]
(01日)
経済
カンボジアの縫製業の輸出成長鈍化へ 最低賃金の引上げが課題[経済]
(10月31日)
経済
カンボジアの2018年予算総額 前年から2割弱の伸び[経済]
(10月29日)
経済
IMFはカンボジアの成長率の低下を予想[経済]
(10月24日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
国際企業・中小企業向けのビジネスハブを開発 [不動産] モーガン・リー
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース