カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月8日
  • カンボジアニュース

カタール航空 定期貨物便を開始[経済]

 カタール航空プレスリリースによると、同社は、プノンペンとドーハ間での定期貨物運航サービスを今週から開始した。プノンペンポスト紙が報じた。

 60トン以上の貨物が積載できるエアバスA330機を使用して、毎週運行する。

 カタール航空は、すでに、70トンの貨物スペースがある旅客機である運航チャーター便を毎日ホーチミン経由で、プノンペンとドーハ間で運行している。同社は、プノンペンからの貨物のほとんどが、衣料品であると述べた。

関連記事
経済
カンボジアの海運業界の最大の課題はインフラ[経済]
(09月13日)
経済
カンボジアの食品配送会社ミールテンプル、ブータンに進出[経済]
(08月19日)
社会
トゥクトゥク運転手、無料訓練に参加するも合格者は3割 カンボジア[社会]
(06月21日)
社会
コッコン州で開発中の観光プロジェクトが中国軍向けと疑惑[社会]
(03月08日)
経済
プノンペンの北西に物流センターの建設計画[経済]
(01月15日)
経済
新しい物流センターの建設計画 カンボジア[経済]
(12月06日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
直行便は、時間の節約が大事な日本人投資家やビジネスマンの方々にとって有益
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース