カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年4月2日
  • カンボジアニュース

カンボジア企業による新アプリ キャッシュレスの道を切り拓く[経済]

news_201704022
(c)Phnom Penh Post

 カンボジアのソフトウェア開発会社パットメージング(Pathmazing)が3月30日、モバイルアプリケーション「Tesjor」を正式にローンチした。キャッシュレスの支払いにより、デジタル決済の開拓を目指すという。

 このアプリケーションにより、ユーザーはプノンペンにある85のレストランから食べ物を注文でき、その支払いをオンラインで行うことができる。提携先は、ウィングやPay&Go、アクレダ銀行にとどまらず、ABA銀行が開発したPayWayゲートウェイ、またビザやマスターカードの使用も可能だ。

 同社CEOのスティーブン・パット氏は、「現在、カンボジアの電子商取引市場は黎明期で、今後数年間で爆発的な成長を遂げるだろう。これをさらに加速するには、オンラインでの支払いが必要である。このアプリケーションの目的は、カンボジアをさらにデジタル化し、広範囲での電子商取引を可能にすることだ。Tesjorは現時点で、全面的なデジタル決済が可能な唯一のプラットフォームである」と述べた。

 ウィリアム・ハイト在カンボジア米国大使は、「Tesjorはカンボジア人によって開発されており、技術業界の誇りである。Tesjorの立ち上げは、急成長するカンボジアのハイテク業界にとって大きなニュースであり、成功した技術ベンチャーが同国に存在するという点でも重要だ。これはカンボジアのダインイン&キャリーアウトビジネス、ひいては観光事業にも革命を起こすだろう」と話した。

 Tesjorはクメールで「観光」を意味し、タオン・コン観光大臣も、観光業界への潜在的利益を認めている。

経済の最新ニュースランキング
最新ニュース