カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月29日
  • カンボジアニュース

農薬の使用と販売規制へ動き出す カンボジア農林水産省[経済]

news_201703303
(c)Phnom Penh Post

 農林水産省は、消費者の健康と輸出のため、作物の収穫量を向上させるための生物農薬(biological control agents=BCA)の使用と売買に関する取り決めを進めている。プノンペンポスト紙が報じた。

 生物農薬とは、植物病原微生物や昆虫病原微生物などの有害生物の防除に利用される生物的防除資材。

 農林水産省の高官は、「BCAは苦しい農業の助けになっていたが、過剰に使用することによって土壌がダメージを受け、生産性が低下している。農業生産性を向上させ、作物の回復力を補完する必要があり、政府は農産物の輸出規制に対応しなければならない」と述べた。

 最近の事例では、コメに対する農薬トリシクラゾールの使用をやめなければ、欧州委員会が欧州連合(EU)への米の輸出を阻む可能性がある。

 地元の専門家によると、「カンボジアの農民や農薬の販売業者は、作物に薬品を使用すれば使用するほど収穫量が向上すると信じている」と語る。

関連記事
経済
15年続いたカンポット・ケップ塩協会が解散危機 カンボジア[経済]
(22日)
経済
2018年の対米国輸出額は昨年25%増加 カンボジア[経済]
(13日)
経済
カンボジア農業大臣「今後はコメ以外の作物に焦点を当てる」[経済]
(08日)
経済
2018年のコメ総収穫量は750万トン 対前年3.5%増 カンボジア[経済]
(02月06日)
経済
日本との二国間貿易が大きく拡大 カンボジア[経済]
(02月05日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース