カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月24日
  • カンボジアニュース

EUが化学物質の制限 カンボジアのコメ産業、さらに向かい風[経済]

news_201703242
(c)Khmer Times

 欧州委員会はカンボジアの精米産業に対し、大半のコメは6月までに、ジャスミン米は12月までにの「トリシクラゾール」という農薬の使用を撲滅すべきと宣言した。穀物1キログラムにつき、0.01ミリグラムまでの化学物質の制限が設けられる。この制限は2月の委員会で採択された。クメールタイムズ紙が報じた。

 これを受け、農林水産省や法務省、カンボジアコメ協会(CRF)、輸出業者、製粉業者などの代表が集まり、新しい規制について話し合った。

 CRFの代表は、EU市場は精白米輸出のうち50%以上を占めており、政府や関係者と共に農家に対して農薬や化学肥料の使用に注意を促すと説明した。

 リーディングライスミラーの代表は、輸出だけでなく全ての消費者に安全なコメを提供するため、農林水産省が農家に対し、他国で禁止されている全ての化学物質を周知するべきだと主張した。

関連記事
経済
ドリアンの収穫高は悪天候のため減少 カンボジア[経済]
(15日)
経済
年間5万4149トンの家畜と肉を輸入 カンボジア[経済]
(04月26日)
統計
カンボジアの報道の自由度ランキング、引き続き低迷 政府は反論[統計]
(04月23日)
経済
農産物の輸出に対する付加価値税を2023年まで免税か カンボジア[経済]
(04月01日)
経済
15年続いたカンポット・ケップ塩協会が解散危機 カンボジア[経済]
(03月22日)
経済
カンボジア農業大臣「今後はコメ以外の作物に焦点を当てる」[経済]
(03月08日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース