カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月23日
  • カンボジアニュース

554の家族 政府に対し土地の返還を求める ウドンメンチェイ州[経済]

 10年もの間、土地所有権を巡る紛争を起こしている554世帯の家族を代表し、20人のグループが政府に対して、争いの終結を求める嘆願書を提出した。クメールタイムズ紙が報じた。

 ウドンメンチェイ州内にあるこの土地は、かつて村と農地だったという。

 グループの代表によると、2007年に政府は経済的土地営業権(Economic Land Concession=ELC、経済土地コンセッションとも呼ばれる)をタイの製糖事業最大手ミトポン・シュガー・グループに付与。その権利は3つの地元企業を通して執行され、この権利により住民は2546ヘクタール以上の農地から立ち退きを強いられた。

 この権利は2年前に解消となり、土地は農林水産省に返還されたが、地元の人々は未だに戻ることができておらず、グループの代表は以前と同じ土地を返還してもらうことを求めている。

 同省はすでに問題解決に向けて動いているといい、砂糖製造企業が撤退した現在、政府に対し土地の返還による長い紛争の終結が求められている。

関連記事
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(18日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
香港企業出資のキャッサバ加工工場 来年までに稼働 カンボジア [経済]
(12月20日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(12月10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(12月06日)
経済
韓国企業 カンボジアの農業分野に関心[経済]
(12月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース