カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月16日
  • カンボジアニュース

タイーカンボジア 二重課税回避の協定を締結[経済]

 政府プレスリリースによると3月13日、カンボジアとタイの商工会議所は、プノンペンで第6回合同貿易委員会(JTC)を開き、タイとカンボジアで活動する企業に対して二重課税回避のための協定を締結することに同意した。

 当局はまた、2020年までに二国間貿易を150億ドルに増やすという目標を達成するため、国境貿易に関する共同委員会の設立を含めた更なる方法について議論した。

 両国の商業大臣は、貿易の可能性を議論するため、今後も会議を開く予定だ。

関連記事
労働
カンボジア、公共雇用サービスをデジタル化に向けた取り組みを優先[労働]
(04日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(02日)
政治
2020年国家予算法案が承認される カンボジア[政治]
(11月27日)
経済
世界銀行、職の多様化とスキル開発の必要性を指摘[経済]
(11月20日)
政治
シアヌークビルの下水課題に1億7000万ドルを追加割当[政治]
(11月18日)
経済
カールスバーグ、アンコールビールの生産者を完全子会社化[経済]
(11月05日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース