カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月16日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所 取引の大半が中国・日本・台湾の投資家か[経済]

 3月11日に発表されたカンボジア証券取引所(CSX)の2016年ファクトブックによると、CSXの海外の取引のほとんどが中国、日本、台湾の投資家によって行われていると発表した。

 同レポートによると、CSXにおける中国の取引は、2407人の外国人投資家のうち35.44%に達し、日本は29.71%、台湾は18.11%となっている。

 昨年の外国人投資家の割合は、取引の62%以上を占め、3年連続で国内の取引を上回った。

関連記事
法律
カンボジアの公的機関 暗号通貨に対して違法と警告[法律]
(21日)
経済
フン・セン首相 国際貿易摩擦によるカンボジア経済への影響を懸念[経済]
(21日)
経済
中国昆明市の博覧会でカンボジア企業が多くの商品を展示[経済]
(19日)
経済
富裕層中心にカンボジアのヘリコプター需要が高まる[経済]
(18日)
社会
シアヌークビルなど地方都市の排水システムの研究を中国企業と合意 カンボジア[社会]
(15日)
日系
日本製タバコ カンボジアタバコ産業協会に再加入[日系]
(13日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
注目
カンボジアビジネスパートナーズ 進出ガイドが充実
注目
カンボジアビジネスパートナーズ Kindle版 堂々発売
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース