カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月16日
  • カンボジアニュース

カンボジア証券取引所 取引の大半が中国・日本・台湾の投資家か[経済]

 3月11日に発表されたカンボジア証券取引所(CSX)の2016年ファクトブックによると、CSXの海外の取引のほとんどが中国、日本、台湾の投資家によって行われていると発表した。

 同レポートによると、CSXにおける中国の取引は、2407人の外国人投資家のうち35.44%に達し、日本は29.71%、台湾は18.11%となっている。

 昨年の外国人投資家の割合は、取引の62%以上を占め、3年連続で国内の取引を上回った。

関連記事
労働
カンボジア政府、サウジアラビアへのメイドの派遣は消極的[労働]
(09月06日)
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(08月23日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
社会
建設中の建物内部で労働者が生活することを禁ずる カンボジア[社会]
(07月08日)
社会
ビル倒壊事故の被害者への寄付金が251万ドル集まる カンボジア[社会]
(06月28日)
社会
タモウク湖周辺に違法居住している家族を強制退去 カンボジア[社会]
(05月20日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
注目
カンボジアビジネスパートナーズ 進出ガイドが充実
注目
カンボジアビジネスパートナーズ Kindle版 堂々発売
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース