カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月14日
  • カンボジアニュース

ベトナムの携帯電話小売大手 カンボジアに進出[経済]

news_201703141
(c)Phnom Penh Post

 ベトナムの国営メディアによると、ベトナムのベトナムの携帯電話小売大手、モバイル・ワールド・インベストメント(MWG)は、カンボジアで初店舗をオープンする。プノンペンポスト紙が報じた。

 2014年にホーチンミンで設立された、MWG社は、モバイルフォンとデジタル機器、タブレット、アクセサリーの小売りチェーンとしてオンライン、店頭での販売により、急速に拡大してきた。プノンペンで展開する小売店はBigPhone.comという名前で運営する予定だ。

 プノンペンに8店舗を持つ電子機器販売代理店、T-ShopのCEOは、「モバイルフォンやアクセサリーはスマートフォンの普及によって携帯電話やアクセサリーの新しい小売り業社が参入する余地が生まれ、競合相手が多くなる」と述べた。

関連記事
経済
イオンモール カンボジアで2号店目 待望のグランドオープン[経済]
(21日)
経済
カンボジア・プノンペン 商業施設の建設ブーム到来[経済]
(10日)
経済
シンガポールのキャピタランド社 プノンペンでモールを運営[経済]
(03月23日)
社会
カンボジア 中華正月を家族と祝う[社会]
(02月16日)
経済
サークルK カンボジアで初めての店舗をオープン[経済]
(02月02日)
経済
マレーシア二輪車メーカー カンボジア市場へ参入[経済]
(01月13日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース