カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月11日
  • カンボジアニュース

プノンペン自治港 配当金1株あたり256リエル[経済]

news_201703111
(c)Phnom Penh Post

 プノンペン自治港(PPAP)は、個人株主に支払う2016年の配当金を、計10億5103万9,488リエル(26万1,148ドル)、1株当たり256リエルだったとカンボジア証券取引所(CSX)に報告した。

 株主総利益に対する株主配当の金額、配当性向は6.39%で、上場後5年間で約束された最低配当の5%よりはやや高い配当となった。

 PPAPは、2015年12月にCSXの新規株式公開で520万ドルを調達し、2015年分の配当は1株当たり25.6リエルだった。

関連記事
経済
カナダ・ナショナル銀行、ABA銀行を完全子会社化 カンボジア[経済]
(10月08日)
経済
プノンペン自治港、今年1月から7月の間の物流量が大幅に増加[経済]
(08月23日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(08月20日)
経済
工業手工芸省の高官、中小企業に株式上場を促す[経済]
(08月20日)
経済
カンボジア証券取引所、取引時間を大幅延長[経済]
(08月15日)
経済
カンボジア縫製業協会、港での自動車技術検査に懸念を表明[経済]
(07月04日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース