カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年3月2日
  • カンボジアニュース

タイへの輸出額が急増 カンボジア商業省[経済]

news_201703022
(c)Phnom Penh Post

 タイに対するカンボジアの輸出は、2015年に比べて昨年46%急増したが、輸入はわずかに減少した。クメールタイムズ紙が報じた。

 商業省が発表した統計によると、タイへのカンボジアの輸出額は、前年の639百万ドルから12月末には936百万ドルに達したが、同期間に輸入は6%減の46億ドルとなった。

 二国間貿易総額は前年比でわずかに減少し、現在約56億ドルとなっている。

 商業省の広報官は、「輸出の増加は、カンボジアの生産能力への投資が国内需要を満たすだけでなく増加しているという兆候だ」と述べ、「生産能力の向上に伴い、タイへの輸出は引き続き増加するだろう」と付け加えた。

 また、商業省は、プノンペンで開かれた貿易見本市によってタイ企業220社の商品を紹介するなど、両国間の二国間貿易を引き続き推進すると述べた。

関連記事
政治
EBA協定撤回の手続きが既に開始 カンボジア[政治]
(10日)
経済
30以上のインドネシア企業がプノンペンに集結 [経済]
(01日)
経済
東南アジアのゴム部門を活性化させるプロジェクト カンボジア[経済]
(09月26日)
経済
ベトナムとの貿易をさらに促進 カンボジア[経済]
(09月18日)
経済
中国系太陽光発電会社 投資を増やす カンボジア[経済]
(09月15日)
経済
貿易戦争の恩恵を受けるカンボジア衣服製造業 カンボジア[経済]
(09月13日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース