カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月24日
  • カンボジアニュース

スマートフォンでカンボジア取引所にアクセスできるアプリが開発[経済]

news_201608202
(c)Phnom Penh Post

 新しいオンライン取引のプラットフォームが開発されている。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジア証券取引所(CSX)のマーケットオペレーション・ディレクターは、「このオンラインプラットフォームにより、トレーダーは自分の携帯端末からリアルタイムで株価や上場企業情報を収集することが可能となる。スマートフォンから多くのカンボジア人がアクセスすることにより、取引が増加することを期待している」と語った。

 また、同氏は、「スマートフォンのアプリは、将来の投資家ための教育ツールとしても役に立つようになっており、市場のしくみ、取引方法を学ぶことができる」と付け加えた。

 このプラットフォームは韓国国際協力団(KOICA)による技術支援で開発しており、今年中にローンチされる予定だ。

関連記事
経済
プノンペン水道公社 売上増も純利益は急減[経済]
(17日)
経済
大手教育機関AISの親会社 カンボジア証券取引所に上場を検討[経済]
(15日)
経済
電子決済サービスパイペイ カンボジアでキャッシュレスサービスの可能性を示す[経済]
(09日)
社会
クメール・ルージュの歴史を学ぶアプリ さらなる展開を目指す[社会]
(07月27日)
経済
シアヌークビル自治港(SAP)の株価が低迷[経済]
(07月16日)
経済
新たな電子決済サービスプロバイダ 法改正後にカンボジア市場へ参入[経済]
(07月12日)
あわせて読みたい
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
特集
トップインタビュー スマートアクシアタ CEO トーマスハント No.1
業界
メインプレイヤーはスマート含め3社。現状の人口ではこのくらいの業界規模でちょうどよい[通信]トーマス・ハント
業界
何かしらの解答を出せる能力が必要[運輸・物流]キム・ソンモ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース