カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月24日
  • カンボジアニュース

スマートフォンでカンボジア取引所にアクセスできるアプリが開発[経済]

news_201608202
(c)Phnom Penh Post

 新しいオンライン取引のプラットフォームが開発されている。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンボジア証券取引所(CSX)のマーケットオペレーション・ディレクターは、「このオンラインプラットフォームにより、トレーダーは自分の携帯端末からリアルタイムで株価や上場企業情報を収集することが可能となる。スマートフォンから多くのカンボジア人がアクセスすることにより、取引が増加することを期待している」と語った。

 また、同氏は、「スマートフォンのアプリは、将来の投資家ための教育ツールとしても役に立つようになっており、市場のしくみ、取引方法を学ぶことができる」と付け加えた。

 このプラットフォームは韓国国際協力団(KOICA)による技術支援で開発しており、今年中にローンチされる予定だ。

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
経済
マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]
(12月28日)
経済
カンボジアの市場価格情報をアプリで発信 商業省[経済]
(12月27日)
経済
東南アジア再大手配車サービス・グラブ(Grab) カンボジアで始動[経済]
(12月20日)
経済
韓国 カンボジアから移住労働者増員と農作物輸入の拡大望む[経済]
(12月05日)
経済
プノンペン自治港 売上・利益ともに増加 今年1~9月[経済]
(11月22日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(3/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
注目
アジアン・ビジネス交流会(旧KJCC) 5月27日開催
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース