カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月22日
  • カンボジアニュース

ポイぺトSEZ タイ大手電力会社より電力を輸入[経済]

news_201702221
(c)Khmer Times

 ポイペトの特別経済区(SEZ)は、更なる投資の流入を期待し、電力確保のためタイからの電力輸入を決めた。クメールタイムズ紙が報じた。

 ポイぺトPPSEZカンパニーリミテッドは、独系タイ電力大手のBグリム・パワー社との間で、タイからバンテイメンチェイ州までの送電線建設に伴い、約300万ドルの初期投資を行うとの覚書(MOU)を締結し、Bグリム・パワー社は、ポイぺトPPSEZに22キロワットの電力を伝送する12キロメートルの送電線を建設すると発表した。

 2月20日の調印式で、ポイぺトPPSEZを所有するプノンペンSEZのリム・チホー会長は、「Bグリムは信頼できる電力会社としてタイでよく知られており、加えて価格も地元プロバイダーに比べて安い。自動車部品や電子部品のような製品の工場を誘致するためには、信頼できる電力が必要だ。Bグリムは特区運営において信頼できる電力会社だ」と述べた。

 Bグリム・パワー社の社長は、「初期投資額は少なかったが、将来的にはサブステーションの設置や発電施設の増加により拡大する予定だ。将来は、我々の電力を使ったお客様がさらに増えると信じているが、そのためには産業投資家からの信頼が必要だ」と話した。

 ポイぺトSEZは、ポイペト市の中心部から約6㎞東に位置し、カンボジア北西部とタイとの主要国境へのアクセスが良く、面積は65ヘクタール、現在は、11の工場が稼働中で、今年は4つの日系工場が稼働するという。ここで製造された製品のほとんどは、日本や他国に輸出される電子部品だ。

 国家最高経済評議会メイ・カリヤン上級顧問は、「工場向けに安定した電力と十分なインフラを備えていれば、タイに比べて賃金が低いため、外国人投資家はさらに増えるだろう」と付け加えた。

関連記事
経済
GE 石炭火力発電所にASEAN初の排出ガス監視システムを導入 カンボジア[経済]
(18日)
社会
タイに360人の政府職員を派遣 年末までにカンボジア人不法労働者に法的書類を与える[社会]
(10日)
経済
カンボジア―タイ 二重課税回避する租税協定に合意[経済]
(09日)
経済
マレーシア系電力供給会社ぺステックカンボジア 来年にも上場予定[経済]
(09日)
経済
タイの野菜種子会社 カンボジア支店立ち上げ[経済]
(05日)
社会
フン・セン首相を侮辱したとして逮捕された女性 釈放[社会]
(04日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
カンボジアの経済特区 Vol.2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース